性器に関する病名カンジタにバルトレックスが有効

性器に関する病気はいくつかありますが、ひとつの病名としてカンジタが挙げられます。
カンジタは男性に発症することもたまにある性病ですが、多くの場合は女性に発症する性病です。そしてこの性病はカビの一種である菌が原因によって起こります。外から感染することもあると言われていますが、女性が元々体内に持っている菌が原因になるとも言われており、ストレスや疲労などが引き金になって菌が暴れることによって発病します。
カンジタの症状としては、膣をはじめ外陰部にかゆみが発生したり、おりものが増加する、炎症が発生して性行為の際に痛みが出るといったものです。
カンジタが発症した際の治療方法として専用の薬を使用するのですが、薬としてフルコナゾールという有効成分を持つものがあります。この成分は副作用のリスクが低く、小児でも使用できるほどの成分です。抗真菌薬ですのでカンジタの菌を殺菌する為にも有効です。
因みにフルコナゾールは治療薬としての効果だけでなく、女性器に潤いを出す効果もあると言われ、女性用のED薬とも呼ばれています。
性器に関する薬としてバルトレックスもありますが、この薬も性器用のものではありますが、しかし病名ヘルペスウィルスに対しての薬ですのでカンジタの治療としては使用しません。そもそもカンジタの薬は菌を殺菌する作用である一方、バルトレックスはヘルペスウィルスを攻撃して増殖を軽減する為の薬です。両者の作用秩序は違っていますので病名が違っているにも関わらず、性器の病気という理由でバルトレックスを安易に利用しないように注意が必要と言えます。迂闊に使ってしまうと健康を害する恐れもありますので、薬は医師に相談をした上で使用することが大切です。