尖圭コンジロームの特徴を知ろう

性病にかかったことがあるという人は決して少なくありません。
昨今は中高年の間でも、広がりを見せているのです。

様々な性病がありますが、尖圭コンジロームの症状を訴え実際にその診断が下される人も多くいます。
尖圭コンジロームの特徴を知ろうとすることで、その予防をすることができもしも症状が出た時にもすぐに対処をすることができます。

尖圭コンジロームは尖圭コンジローマとも言われているもので、性器や肛門の周りにイボができる症状のことを指します。
イボの色は白や茶色、ピンクや黒と様々で数ミリの物から数センチのものまであります。
乳首の様な乳頭上のものもあれば、鶏のトサカやカリフラワー状のものもあります。

尖圭コンジロームは自覚症状がほとんどないので、気が付かないうちに広がっていることもあります。
しかし中にはかゆみや痛みを感じるという人もいるのでもしや尖圭コンジロームなのではないかという不安を抱いたときには、早急に医療機関を訪ねることが必要です。
性病科や皮膚科、泌尿器科や婦人科で治療を行うことが可能です。

尖圭コンジロームの原因はウイルスによるものです。
性交渉やそれに類似した行為を行うことで感染をして、皮膚や粘膜の小さな傷に侵入し発症します。