尖圭コンジロームの治療法の種類

男女共に外陰部や肛門周辺に鳥冠状のイボが出来る性感染症が「尖圭コンジローム」です。
イボが出来ても痛みや痒みが生じることが少ないため、気が付かないこともあります。
イボが大きくなった場合には、痛みや痒みが出ることがあります。

尖圭コンジロームの原因は、性行為によるヒト乳頭腫ウイルス感染によるものです。
感染してから発症するまでは3週間から8ヶ月程度と潜伏期間が長いため、感染時期や感染経路を特定することが出来ないこともあります。
ヒト乳頭腫ウイルスには、100種類以上の型があり、皮膚にイボを作るのは6型や11型と言われています。

この型の場合は、イボは出来ますが、陰茎がんや子宮頸がんの原因とはならないと言われています。

尖圭コンジロームの治療法の種類としては、凍結壊死させる方法や軟膏タイプの治療薬を用いる方法、切り取る方法があります。

一度治療をしても、3ヶ月以内に25%程度は再発すると言われています。
再発を防ぐためには、定期的にチェックすることが大切になります。
また、性行為を行ったパートナーにも感染している可能性があるので、症状が出ていない場合でも注意が必要です。

女性の場合、ウイルスに感染する前であれば、ワクチンを接種することで予防することが出来ます。