バルトレックスが有効なヘルペス感染とチェック

バルトレックスはバラシクロビルを有効成分とする高ヘルペスウイルス薬であり、ヘルペスウイルス感染の治療においては救済薬とも言えるものです。バルトレックスを使用することによってヘルペスウイルスによって生じた水泡を取り除くことが可能であり、痛みに耐えかねてしまっている状況から寛解することができます。バルトレックスに含まれるバラシクロビルはアシクロビルのプロドラッグであり、経口吸収性が改善されたことによって必要な服用回数が低減され、より実用的なものとなっています。ヘルペスウイルスは常在してしまっている人も多く、バルトレックスを使用するか否かの判断は水泡ができているかどうかということから判断します。ヘルペスウイルス感染にはいくつかの種類がありますが、性器ヘルペスに感染してしまった場合には他の性感染症のチェックをすることを考えると良いでしょう。性感染症のキャリアは複数の病原体を持っていることも珍しいことではなく、完治が難しい病原体を2つや3つ持っている人もいます。そういった人と性行為を行った場合にはいくつもの感染症をもらってしまっている可能性があるのです。性器ヘルペスの潜伏期間は1週間から数週間であり、その間にパートナーとの性行為を行った場合にはその感染のチェックも必要になります。のどの粘膜には感染しませんが、口唇を介して感染することがあるため、オーラルセックスを行った場合にも感染したリスクがあると見てチェックをするのが無難です。のどに異常を感じた際にはのどの粘膜に感染する病原体を持ってしまった可能性が高く、日本の場合にはクラミジア感染が多いことからクラミジア感染のチェックを行うと良いでしょう。