においがきつくなるトリコモナスにバルトレックス

女性の腟トリコモナスは、泡状のにおいの強いおりものが出ることがあります。トリコモナス原虫という小さな生物が原因で感染します。
トリコモナス原虫は粘膜状に感染するので、性行為の際にパートナーを感染させてしまう恐れもあります。また、トイレ便座、お風呂、タオルの共有、などによっても感染が広がることがあります。
日本では女性の5~10%、男性の1~2%が感染している言われていますが、男性の場合には自覚症状がないことがほとんどです。
女性がトリコモナスに感染してしまうと、10日程度潜伏した後で、尿道、腟、膀胱に炎症が起きて、激しい痛み、痒み、などが出てきます。炎症のせいで排尿時や性行為のときに不快感を感じることも多いです。冒頭でも言いましたが、おりものが悪臭を伴うきついにおいになることが特徴です。泡立った感じになることもあります。
においがきついときには、なるべく早く相談したほうが良いでしょう。放置してしまうと、卵管まで炎症が進んで、不妊症、流産、早産、などの原因になることもあります。
トリコモナスの治療は薬の服用で10日ほどで治るので、早めに相談して他人への感染を防ぐことが大切です。
女性が性病を相談する場合には、婦人科、性病科、などを受診すれば良いです。
性器ヘルペスの症状を抑える薬では、しばしばバルトレックスという薬が使われます。ヘルペスウィルスはトリコモナス原虫のように、薬を飲んで治せる性病ではありません。一度感染してしまうと一生神経細胞に潜伏し続けます。
免疫力が落ちたときに再発のリスクが高くなるので、バルトレックスを使ってウィルスの増殖を防ぐことで、再発しないようにさせます。バルトレックスは根本治療ではありませんが、再発抑制治療として有効な薬です。